コスメ業界をはじめメイク関連の専門学校などで活動するメイクアップアーティストのネットワーク

menu

JMAN

header_right2

理事・役員プロフィール

※2015年8月現在

池端秀之(いけばた ひでゆき)

  • メイクの日普及委員/JMAN検定委員会、広報委員会
  • メイクアップアーティスト、(有)ドリームファクトリー 代表取締役
  • 自身も化粧師秀としてメイクやカメラマンとしてサロンに立ちながら、和歌山にメイクアップスタジオ3店舗を経営。トータルビューティーサロンとして、印象分析を得意としてコミュニケーションメイク(商標登録)の普及に務めている。

 

 

◎Amie Maeda /エイミー前田(えいみー まえだ)

  • JMAN検定委員会/メイクの日普及委員会
  • ヘアー&メイクアップアーティスト、トータルビューティプロデューサー
  • (有)アトリエプラナフォンテ代表 桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。ニューヨーク7年在住、著名人のパーティープロデューサーを務める。現在、舞台(日本及び海外のオペラ、バレエ、演劇、等)、TV,CM、映画、花嫁、等幅広く活躍中。幼時より茶道など(裏千家宗名・宗夏)日本文化の研鑽を積み、着物着付け、歌舞伎化粧の指導も行う。

 

 

◎岡野 訓子(おかの くにこ)

  • JMAN検定委員会/メイクの日普及委員会
  • メイキャップコーディネーター
  • 「クーニーズ」主宰。ヘア&メイク(TV.CM.ブライダル等) ・フェイシャル・学校講師・医療用ウイッグ販売・医療の場で活動できるよう悪戦苦闘中。

 

 

◎小澤 奈知子(おざわ なちこ)

  • 広報委員会/JMAN検定委員会
  • マネージャー
  • マーシュ・フィールド(株)所属。自動車販売会社での営業・トレーナーを経た後、輸入化粧品会社でトレーニングチーフとして勤務。化粧品や、美容の持つ力を医療現場に拡大すべく認知活動に注力。また、友人と伴にカバーメイクのボランティア活動を行う。フリーの立場で、寝たきりの方や、苦しみを少しでもマッサージによって和らげるための活動にも専念。

 

◎加藤 ゆかり(かとう ゆかり)

  • メイクの日普及委員会
  • メーカー勤務(日本メナード化粧品株式会社)
  • ザ・ベストメイキャップスクール卒業後、日本メナード化粧品入社。入社後は教育部、美容研究室、メナード ビューティーアカデミー(メイク講師)等を経験。メイクアップを軸に社員教育から外部メイクセミナーの実施、また撮影・コレクション、イベントなどのバックステージ等、幅広く活動する。現在はトレンド調査をおこないながら、新商品開発にも携わる。

 

◎桑野 毅(くわの つよし)

  • JMAN検定委員会
  • メイクアップアーティスト
  • 日本メナード化粧品株式会社 宣伝部MHMAPS/チーフメイクアップアーティスト。  自社宣伝広告媒体をはじめ、雑誌やTVなどで多くのタレントを手がける。またパリコレクションなどのファッションショーやカンヌ国際映画祭、海外プロモーションにも参加するなどグローバルに活躍中。商品企画にも携わる。

 

◎河野 恵美/こうの えみ

  • メイクの日普及委員会/検定委員会
  • メイクアップアーティスト、MAKE STUDIO CHAT(代表)
  • 化粧品販売会社に勤務の後、「MAKE STUDIO CHAT」を立ち上げる。専門学校での講師経験も豊富で、その確かなテクニックと理論で、ヘアメイクから着付け、ブライダルメイク、カラー  等、幅広く活躍している。日本エステティシャン協会認定エステティシャン、NCD認定イメージカラーアナリスト・日本顔学会会員、JMANメイクアップ検定1級ライセンス所有。

 

◎小林 照子(こばやし てるこ)

  • JMAN理事長/メイクの日普及委員会/JMAN検定委員会
  • メイクアップアーティスト/美容師/美容研究家
  • 日本を代表するメイクアップアーティストの一人。『人に』、『企業に』、『社会に』向けて、教育、商品開発、販売促進プランなど、さまざまなビューティコンサルティングを行う。美容に関する多くの著作を執筆するほか、化粧品を使って身体に描くアート表現『からだ化粧』は世界的にも有名。美・ファイン研究所所長、[フロムハンド]メイクアップアカデミー校長・  青山ビューティ学院高等部校長・エンゼルメイク研究会副会長などを務める。

 

◎佐々木 誠二(ささき せいじ)

  • JMAN検定委員会
  • 美容師
  • (株)ナリス化粧品 チーフメーキャップアーティスト、ナリス ビューティクリエイション  カレッジプリダージ講師
  • (株)ナリス化粧品のトップメーキャップアーティストとしてメーキャップ製品のコーディネイトをはじめ社員・ビューティアドバイザーへの技術指導を行い、同社のメーキャップ部門全体の  コーディネイトにも携わっている。また各種イベント・プロモーションでも活動。モデル•タレントとのトークショーをはじめ、海外でのファッションショーのチーフアーティストも務める。

◎タミー木村(たみー きむら)

  • JMAN検定委員会/メイクの日普及委員会
  • 大阪樟蔭女子大学被服学科教授
  • メイクアップアーティスト
  • メーキャップアーティストスミコ・ハリー氏に師事。1982年、メーキャップアーティストとしてデビューの後、渡米。ニューヨークにてメイク研修、以降独自のメイクとトータルファッション研究を行う。2000年、同志社大学 化粧心理学研究プロジェクトチームに参加。メイクによるボランティア活動を学び、現在、関西地区に於いてメイクボランティア活動を継続中。  <日本顔学会会員/日本口蓋裂口唇裂学会会員/化粧文化研究者ネットワーク会員>

◎東郷純子/とうごう じゅんこ

  • JMAN検定委員会
  • CIDESCOインターナショナルエステティシャン
  • フランス パリランコムおよびカリタサロンにてディプロマ修得後、帰国。大手化粧品メーカーにて美容教育指導及びエステティックサロン・SPA企画運営を行う。JR東日本とのコラボによる大人のためのメイクアップ講座/美容塾を企画し大成功を収める。現在、<東郷塾>を開設、大人のためのスキンケア&メイクアップの指導に当たる。

 

◎西弘 則和(にしひろ のりかず)

  • 広報委員会/メイクの日普及委員会
  • ビューティアナリスト・メイクアップアーティスト
  • 千葉県銚子市 cosme salon 新場+ミニヨン/店長。コスメセレクトショップにてメイクアップサービス・スキンケアカウンセリング・フェイシャルエステなど、年間2,000名以上の女性へきれいになれるアドバイスやレッスンを行う。また、一般の女性~プロの美容師や化粧品メーカーまで、美容講座や講演なども積極的に行っている。

 

◎松崎 充男(まつざき みつお)

  • JMAN副理事長/JMAN検定委員会
  • ヘア・メイク クリエイター
  • 日本ヘアスタイル研究所所長、日本ヘアスタイル画協会代表。美容師免許取得後もサロンワークの傍ら、専門学校、理・美容室、化粧品会社等でヘア・メイクデッサンの講師として活動。雑誌、専門誌、化粧品会社等へイラスト寄稿の他、ファッションショー、TV、各種撮影などでヘア・メイクを担当し、スタイリストの養成、モデルやタレントのイメージづくりのアドバイザーも務める。

 

◎福島裕司(ふくしま ゆうじ)

  • JMAN検定委員会/メイクの日普及委員会
  • メイクアップアーチスト
  • 外資系ビューティアドバイザーを経験後、fromhandへ所属。その後フリーランスへ。PV撮影・雑誌・舞台のヘアメイクを担当。イベントでのデモンストレーションも行うなど活動は多岐にわたり、コミュニケーション力にも定評がある。また,独自の世界観を表すクリエイティブな表現もうち出している。

 

◎山口 童子(やまぐち とうこ)

  • メイクの日普及委員会/JMAN検定委員会
  • 美・ファイン研究所 メイクアップアーティスト/ビューティディレクター ・ザ・ベストメイキャップスクールを卒業後、美・ファイン研究所へ入社。メイクアップだけでなく、総合的なビューティディレクターとして活躍中。「和=美」というシステムを使用し、性格分析と美容をつなげたアドバイスも行い、現場技術だけではなくソフト開発や教育分野でも積極的に活動している。JMANメイクアップ検定1級ライセンス所有。

 

◎楽山 徳子(らくやま なりこ)

  • JMAN検定委員会
  • メイクの日普及委員会
  • 美容家
  • メイクアップアーティスト
  • (有)青空・美容部門代表。TV番組やイベント出演者のヘア&メイクアップ、講演、美容関連の執筆や商品の企画開発、学校での教育等を行なう。世代と環境を超えて、誰もが心身ともに、健やかに彩られながら、美しさを増して生きること=『 人生MakeUP 』を提唱している。
JMANとは 5月9日メイクの日 JMAN講座 メイクアップ検定 入会案内

協賛企業リンク

“panasonic" marsh_f cosme-ai